「国と東電を呼んで議会全員協議会を」議長申し入れ・日本共産党県議団

5日、県議会閉会後、共産党県議団は杉山純一議長に「(原発問題で)県議会全員協議会の早期開催を求める申し入れ」を行いました。

東日本大震災・原発事故から6年4か月になろうとしています。東電の経営陣が変わりましたが、福島第二原発の廃炉は言わない、凍土遮水壁問題では国の規制委員会が東電の説明を不誠実だといい、東電トップが双葉町の一部地域の避難指示が解除されたような間違い発言を言ったり、また、避難自治体や避難者の複雑多様化・除染の不正疑惑・商工賠償の打ち切や財物賠償等、国と東電に直接正さなければならないことが山積しています。


「森友・加計学園問題の真相究明」「憲法9条を改正しない事」「核兵器禁止条約交渉に参加せよ」「農業個別所得補償制度法制化せよ」の意見書が共産・民進一致・県議会閉会。

5日、今日は本会議が開かれ、各常任委員会や特別委員会の報告、討論・採決で、閉会しました。補正予算は共産党も含め全会派一致で賛成。議案では情報漏洩や県民に対する情報の黒塗りを増やしかねない条例等に共産党は反対しました。

【討論は宮本議員】

国に対する意見書では「森友・加計学園問題の真相究明」「憲法9条を改正しない事」「核兵器禁止条約交渉に参加せよ」「農業個別所得補償制度法制化せよ」が共産・民進の会派が一致しましたが、自民・公明の反対で否決されました。

【左は共産・その脇は民進・真ん中に公明・向こう側の一番右が自民】

討論は、宮本しずえ県議が行いましたが、いつものヤジはほとんどなく、やはり東京での自民党の大敗は影響あったのかな?と思いました。

閉会後共産党の控室に、議長・知事・教育長・県警本部長が慣例でご挨拶に見えました。

【右側の腕がいたそうでした】

教育長は議会半ばに転んで腕を骨折したそうですが、閉会日まで出席してました。大変でした。