磐城共立病院補助金を他地域並みに。遠野高校存続問題。イノシシ被害。

10日、県議会から帰って、まず、いわき市長から(いわき市選出全員の県議に)いわき市の磐城共立病院の補助金問題で要請を受けました。磐城共立病院は現在新築中ですが、県を通じて来る国の復興補助金を他地域支援のように二分の一を支給してくれるように働きかけてほしいとの要請。また、結核の治療ができる呼吸器科の医師が定年で非常勤になってしまい、新規結核患者を見れなくなることから医師確保での要請でした。

いわき市を含む浜通りの医療状況は、大震災原発事故前でも医師不足等で深刻な状況でしたが、今はさらに2万5千人もの原発等の避難者がいて、しかも原発や除染で働く人も多いです。いわき市への様々な医療問題での支援は待ったなしです。

「福島県立遠野高校の存続を求める署名」が行われています。福島県が高校のあり方審議会中間報告で4クラス以下の学校を統廃合の対象にしたことからです。クラス数で統廃合の対象にすべきでありません。各方面にご意見や要望を伺いました。

さらにイノシシの被害を訴えられた江畑地域の調査にも行きました。家の庭の山芋畑や田んぼの畦を掘られたと訴えられました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です