県民の期待に応えた原子力安全対策を・危機管理部審査、県議会常任委員会続行

9日、引き続き常任委員会で今日は危機管理部です。防災意識の高揚・防災力強化・原子力発電所周辺の安全などの審議を行いました。

凍土遮水壁がうまく働かないなど最重要課題が進みません。原子力安全監視対策委員会の役割発揮・特に汚染水問題で専門委員が求める原発敷地内の十分な調査、東電の十分な情報開示など東電任せにしない対応が重要、県民の声に応える活動を求めました。また、自走式ロボットによる調査が十分にできない中、廃炉計画の見直しについて県民へのわかりやすい説明を求めました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です