政府に代わって日本の声届けた・核兵器禁止条約の国連会議。美容院。

核兵器禁止条約の国連会議がニューヨークで始まりました。日本共産党の志位委員長は、29日「市民会議」の代表の一人として演説を行いました。

志位委員長は、日本政府がこの議場にいないことは大変残念ですが被爆者と国民の大多数がこの国連会議を支持していることは明らか、最初は核保有国が参加しなくても、圧倒的多数の国々によって締結されるならば、核兵器に悪の烙印が押されることになり、核兵器に依存する国々に対し政策を変え、完全禁止への取り組みに迫るものになると演説しました。

各国の代表に折つるを手渡す被爆者の皆さん。NHKテレビ4月1日夕方。

忙しい日々が続きましたがが、やっと身だしなみを整えることができました。ここの美容院も大震災で大きな被害にあいました。グループ補助金が該当になることを知らせて感謝されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です