原発の影響がどこでも・国の役割が重大・各団体訪問

4日、熊谷とも衆議院福島5区予定候補と各団体訪問を行ました。大震災原発事故から、まる6年が過ぎ7年目に入りましたが新たな問題を含め原発事故の影響は重大です。

人で不足・事業承継・本当の意味での働き方改革が課題などの問題が出された商工会議所との懇談。

関西方面の風評克服が課題、東北はTPPの影響が大きいなど、JAさくらいわき地区本部の役員の方と懇談。

全港湾労組では要望いただいている課題の報告や共謀罪阻止での連帯など。

県漁連では、販売方法を変えた、少しでも元の姿近づけていきたいと、今年は前進させる年にしたいと。

看護師確保対策は全県的視野で、県も教師陣や予算確保で少しでも早く看護学校設置を国が根本的に医師不足対策をなど話が出されました。また、医療介護などは国の根本的軌道修正が必要など意見も一致しました。

いわき市漁協・薬剤師会なども訪問しました。訪問は、熊谷とも予定候補・渡辺博之市議・坂本康一市議・菅野いわき双葉地区委員長・野崎赤旗新聞記者・私でした。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です