敗因は「THIS」だが、主犯は「A」…東洋経済オンラインより

4日、県議会は採決委員会でした。明日は閉会の本会議です。今議会を総括し討論の準備をしています。時間があったのでネットを見てたら何だろう?というのがアップされてたので見ました。

(東洋オンラインによると)自民惨敗について「THIS IS 敗因」(閣僚経験者)との指摘が大ウケしている。「頭文字をとって、Tは豊田、Hは萩生田、Iは稲田、Sは下村」という解説だ。秘書に信じられないような罵詈雑言を浴びせ、暴行もしたという「魔の2回生」の豊田真由子衆院議員、加計学園問題で「総理の意向」を振りかざして文部科学省を押し切ったとの疑惑を招いた萩生田光一官房副長官、「自衛隊としてご支援を」と弁護士出身らしからぬ失言で火だるまになった稲田朋美防衛相、そして選挙戦の最中に加計学園関係者からの「闇献金疑惑」が週刊誌に報道された下村氏の4人が自民惨敗の”戦犯”というわけだ。

ただ、「4人の疑惑などは確かに票を減らしたが、そもそも”1強”にあぐらをかいた安倍政権の独善的な政局運営への国民の不信、不満が底流にある」(首相経験者)ことは否定しようがない。永田町でも「『THIS IS』のあとに『A』を入れるべきだ」との声も広がる。当然、「A」とは首相を指していることは間違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です