東京から沖縄へ、そして仙台へ、日本共産党高橋ちづこ衆議院議員通信より

【ちづ子通信7月11日】市民と野党の共闘を東京から沖縄、仙台へ。東京都議選開票翌日の3日と8日、沖縄・那覇市議選の応援に飛びました。4年前は6議席。新人3名を立て、翁長県政、城間市政を支える7名の議員団誕生を訴えました。
名護市で共産党委員長をしていた宮里ノボルさんのチラシに書いていたこと。名護市・辺野古沖の新基地計画がもちあがった1996年、有権者の過半数の署名を集め市民投票が実施され、「新基地はいらない」という声が示されました。ノボルさんは署名集めに奔走します。 ~足が悪くて玄関先に座っているおばあさんに会いました。「待っていた。1週間、玄関の前で座っていた。署名をしたかったんです」~ 飛行機の中で泣いてしまいました。
40人枠に67人出馬。私は、都議選で安倍政治ノーの声、憲法改悪反対の声が明確に示されたこと、東京に続こう!と訴え。反応も良く、子どもたちはノボル!ノボル!と声援をくれる。うんうんとうなずいて最後まで聞いてくれた小三の男の子が「辺野古基地は絶対反対です」と述べるなど、やっぱりオール沖縄だ、と感激しました。
9日仙台市長選挙告示日。朝から日射しが強く、沖縄より暑い?中、前民進党衆議院議員・郡和子市長候補の第一声に1,000人もかけつけ、市民と野党の共同で希望あふれる仙台をつくろう!と走り出しました。10日未明?待ちに待った那覇市は7名全員当選!の吉報が届きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です