安倍政権の社会保障費削減方向の中、福島県は医療・介護・国保等、福祉型県づくり予算をと知事要望

16日、日本共産党福島県議団は、12月議会定例議会向けと来年度予算編成(1次分)について内堀知事に要望を行いました。全体を神山団長が説明し、各議員がそれぞれ分担をして各分野にわたって要望しました。私は安倍政権の社会保障費削減予算案の中、福島県は医療・介護・国保等、福祉型県づくり予算を中心にと要望しました。

知事は「各議員からそれぞれ要望をいただいた、復興創生に向け努力していく」とだけ述べました。要望書は日本共産党福島県議団のホームページをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です