「殺したり自殺したり今の子どもたちは‥」競争社会の自己責任論が問題・懇談会盛り上がる

7日、川部で日本共産党の懇談会がありました。まず、菅原文太さんと宝田明さんの沖縄と憲法のビデオメッセージを見て、皆さんから質問を受けました。初めに「今の子は殺したり自殺したりどうなんだ・・」などの意見が出されました。そして、働き方の問題から、競争社会の自己責任論がだされ、労働者派遣法が大問題だ、不安定雇用で結婚・子育てができなくなっている、子どもの間でも競争・競争で、おっとりした子やいわゆる学校の勉強ができない子がおいて行かれる、勉強できなくったって働くしいい子もいるのに、子どもも自己責任でかわいそう、どんな人間でも生活できるようにするのが当たり前などの意見が。共産党の名前を変えないの?年金あがらないの?などの質問、親や親戚から聞いた中国戦線での中国に対して行ったひどさなど、また、3000万署名は何枚も持っていく人など、最後は盛り上がり、またやりたいねなどの感想も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください