アメリカの企業がいわき市の森林90ha買収・全国最大面積・問題ないのか!?

今日・18日NHK福島を見た方から共産党県議団に意見が届きました。私もチラッとしか見れなかったのですが、大事なご意見だと思い転載させていただきました。「去年、全国の都道府県のうち、外国資本が買収した森林の面積が最も大きかったのは福島県だったことが林野庁の調査でわかりました。太陽光発電を行うとしてアメリカの企業が買収した、いわき市の森林1件で、全国最大の面積になったということです。
外国資本による国内の森林の買収をめぐっては、土地の利用目的を明らかにしない買収や無秩序な開発を防ぐため、事前の届け出を義務づけることなどを盛り込んだ条例を、あわせて18の道府県が制定しています。
こうした中、林野庁が都道府県を通じて、去年1年間に外国資本が買収した森林について調査したところ、面積が全国で最も大きかったのは福島県でいわき市にある民有林1件だけで90ヘクタールに及んだことがわかりました。次に大きかったのは北海道の53ヘクタールで、39件の合計だということです。
県によりますと、この森林を買収したのは太陽光発電を行う計画のアメリカの企業で、すでに、発電設備の建設工事が始まっているということです。
県の森林計画課は、「今回の企業は、適切な手続きを経ており、まったく問題ないが、各地で問題になっているケースがあるので、届け出があった場合は、厳格に精査したい」と話しています。
このような大規模開発は、山林の荒廃を招き大災害を引き起こすことにもなる。地域住民の貴重な水源も汚濁される。それでなくとも、遠野町では大規模風力発電で山林が大規模開発されようとしている。
いわき市に高度経済成長期のゴルフ開発の二の舞にしたくない県民として、共産党県議団の奮闘を期待したい。 私も様々な角度から調査をしたいと思います。何よりもそこに住んでいる住民の皆様の暮らしを大事にする立場から。夜は、勿来地域の区長会に出席しました。各テーブルを回り対話をしましたら様々な要望をいただきました。昔からの知人も多くいつも楽しい集まりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください