何よりも住宅支援を・原発避難者と国会・県会議員のヒアリングミーティング

10日、福島県議会内で、原発避難者と国会・県会議員のヒアリングミーティンが行われました。日本共産党・いわぶち友参議院議員、県内各国会議員(秘書・自民公明除く)、県議会からは、共産党・神山・宮本・阿部・宮川、立憲民主・古市議員が出席しました。県外避難者・戻った方・再度避難した人などから実情報告があり深刻な実態も話されました。何よりも居住支援(家賃支援)の継続をしてほしい、実態調査をしてほしいなどの要望が強かったです。福島原発訴訟原告団長・同連絡会共同代表・村田弘さんは避難先の議会でも、全党派・会派の理解をもらうことが重要・住まいを奪うのはおかしいと言ってくれと運動を進めることが大事と話していました。

共産党福島県議団も、議会で避難者の問題はいつも取り上げていますが、実態をもっとつかむことが大事、県にもつかませることが重要と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です