「知事に直接意見を言う仕組みを」「教育予算をもっと増やす県政に」など、知事選向けて皆さんの声を聞くタウンミ―ティング

12日、いわき市労働福祉会館で、知事選挙に向けて多くの皆さんのご意見をいただく「みんなで新しい県政をつくるタウンミーテング」が開かれ参加しました。参加団体がそれぞれの立場でコメントしました。

フロアーからの意見では、県教員組合からは、教育予算が不足・教員の数を増やし多忙化解消で子どもたちに行き届く教育を・新たな県独自のテストは中止をなどが出されました。学校給食の無料化も出されました。3人の子育て中のママさんは、公民館や各支所に直接知事に意見を上げる手紙などを置くべき、など民主主義の基本にかかわる提起も出されました。

また、民青県委員長からは、ブラック校則で自主性が押さえつけられている(スカート丈・爪の長さ・髪の長さ・セータの中の色など)、青年は、豊かな学生生活を送りたい・労働環境のいいところで働きたい・原発はなくしてほしいと思っている等の発言がありました。ちなみに、福島県は全国一労働時間が長く154、6時間/、月、全国平均は143、7時間/月です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私は県政の問題から内堀県政について①全国の原発再稼働中止②国からの押し付けでなく県民目線での復興③核兵器禁止条約参加・憲法9条改憲やめよを求めることができないなどの批判をしながら国にはっきり物の言える知事が必要としました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください