河川補修・歩道補修の予算をもっと!久々街宣

5日、議会が終わったので要望のあったところの現地調査をしました。国や県や市管理の場所それぞれですが、補修予算の少ないことで要望された皆さんには本当に申し訳なく思うばかりです。【下写真・この川は河川扱いでないので地元負担3割があります。それでも予算確保はむずかしい、支所管理の予算は減って来て、来年度から震災分(国から来る)がなくなるのでもっと厳しくなる・・・と市の話、もう川の中まで土砂が入っています】今度の9月県議会でも共産党の代表質問で、高齢化で河川の草刈りが難しくなったり、災害が多い中で問題は深刻になっていると、河川等改修補修予算の増額を求めました。答弁は、国に要望しますというのみ。県も問題ですが、軍事費削って災害対策をと、全国から声をあげていく必要があります。しかし、危険な所はそのままにしておけませんから、地元からの要望を強めいろいろ知恵も絞りたいと思います。

朝は久々街頭からご挨拶と議会報告を行いました。話すことがいっぱいでした。10日の新聞に県議会報告を織り込みますので是非ご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください