自民・県民連合代表質問。支援が必要な児童生徒の小・中・高の調査。決算関係まとめや県議団質問チエック

6日、今日は自民・県民連合の代表質問でした。自民党には「本県は今なお重い課題が山積しており、復興は長い戦いになります」と。県民連合には「本県の復興・創生は、明るい光が増したとはいえ、いまだ途上にあり、今後も長く厳しい戦いが続きますが・・」といいますが具体的には?決算審査のまとめや共産党県議団の質問チエックなどです。事務局さんが手作りの柿ジャムクラッカーを差し入れてくれました。小・中・高の発達障害に関しての調査が出ました。日本共産党・宮本議員が今年の2月議会に求めていたものです。この調査からすると、学校支援員は今の10倍は必要と考えます。それが大変な仕事なのにお金が安くて募集しても集まらない状況です。県は市町村を支援して対応すべきです。県民連合の質問に対して、の答弁でした。(宮本議員のブログを参考に)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください