第二原発廃炉は国が決断するように・ADR・賠償指針見直しを

18日、今日と明日は総括審査会です。日本共産党は吉田英策議員が登壇しました。「福島第二原発廃炉は国が決断するように求めよ」・「ADR・原子力賠償紛争審査会の指針見直しを求めよ」など知事や教育庁や部長担当理事に質問しました。教育長には民間の新聞「手と手」を学校に要請までして配布させていたことについて、公平性でも問題と配布中止を求めましたが,教育庁は配布をやめるとは言いませんでした。,今日のお昼は神山議員の親戚の方が製造している燻製卵をいただきました。議会にこもっていると差し入れはうれしいです。春らしくさくらのマークが入っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください