復興の在り方がイノベ関連事業優先され、避難者・被災県民置き去りを見直すべき。日本共産党代表質問

26日、日本共産党・宮本しづえ議員の代表質問でした。宮本議員は、予算編成の見直しを知事に求めました。福島の復興の在り方がイノベ関連事業優先され、避難者、被災県民置き去りを見直すべきと求めました。初期の復興計画・日本一子育てしやすい県・全国に誇れる健康長寿の県・原発に依存しない社会をめざし再生可能エネルギーさきがけの地を目指すとしたスローガンと大きく外れているとし転換を求めました。
昨年の台風災害を踏まえた新年度の県管理河川の事業費は補正予算を含めると617億円、イノベ関連事業費は876億円、うち復興関連道路整備費は450億円に上ります。汚染水の海洋放出に県として反対を明確にすべきと質しました。
コロナウィルス感染症の対応では、医療現場や県民が検査を希望した場合に受けられる体制整備が重要ではないかと指摘し、国の基準通りでなくても県の独自の判断で感染の拡大防止策を取るべきだと対応を求めました。
県内の深刻な医師不足について、医科大学の定員130人の維持を求めたのに対して、県は国に定員の恒久化を求める意向を明らかにしました。
県民の反対を押し切って高校統廃合を進めることは、県が進める地域活性化や人口減少対策にも反すると質しました。多くの皆さんが傍聴に見えました。

代表質問全文・精査されていません。代表質問原稿 2/25修正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください