「商売を始めたい」・この要望で瓦礫かたづけボランテア

日本共産党いわき双葉地区委員会は全国の皆さんの御協力をいただいてボランテア活動を行っております。私も今日は時間が取れたので瓦礫片付けボランテアに参加しました。今日はいわき市でも津波の被害がもっともひどかった薄磯地区の瓦礫片づけを行いました。静岡や京都の方々と一緒でした。
ボランテア世話役の地区役員の佐藤敏彦さんの説明によれば、今日の瓦礫撤去は二階部分が助かった建物の周りの片づけで、「できれば商売を始めたい」という方のところでした。津波の前は20人を雇用していたと聞きます。この地区の方々が元気になり、雇用も増えて行けばボランテアとしてもこんなにうれしいことはありません。
今日は半日でしたが・・・半日でよかったです。一日だと後が大変でした。

写真は、2ヶ月たってもこの状況です・・・


写真は、水仙の花


写真は、お地蔵様と喪服が・・


写真は、お人形

写真は、みんなで片付け、瓦礫と泥との格闘でした

写真は、私、かっこは万全だったのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください