日本共産党福島県議団・いわぶち友参院議員らと水害調査

7日、岩渕参院議員と県議団が大雨被害調査。午前中は二本松市岩代のメガソーラー土砂崩落現場を調査。午後は、喜多方市へ移動し、磐越西線の崩落現場を調査中です。遠藤忠一市長に対応いただいています。このあと農地被害の大きい山都町へ。

二本松、大規模太陽光・林地開発の影響か。

喜多方
(宮川・吉田は午前中参加)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください