「いわき文学」37号が発行、感想が寄せられました

「いわき文学」37号が発行され感想が寄せられました。

「いわき文学」特集沖縄本土復帰50年。その中に、岡進さんの「沖縄返還50周年を顧みて」という一文があります。その文章中に引用されている「永井隆博士が子供たちに寄せた言葉」があります。ちょっと、長いですが、書き出します。
ーーーーーーーーーーーー
私たち日本国民は、憲法において戦争をしないことを決めた。・・・憲法で決めるだけなら、どんなことでも決められる。憲法はその条文どおり実行しなければならぬから、日本人としてなかなか難しいところがあるのだ。どんなに難しくても、これは善い憲法だから、実行せねばならぬ。自分が実行するだけでなく、これを破ろうとする力を防がねばならぬ。これこそ、戦争の惨禍に目覚めた本当の日本人の声なのだよ。
しかし、理屈は何とでもつき.世論はどちらでもなびくものである。日本をめぐる国際情勢次第では、日本人の中から憲法を改めて、戦争放棄の条項を削れ、と叫ぶものが出ないともかぎらない。そして、その叫びがいかにももっともらしい理屈をつけて、世論を日本再武装に引きつけるかもしれない。
もしも日本が再武装するような事態になったら、そのときこそ、・・・誠一よ、カヤノよ、たとい最後の二人となっても、どんな罵りや暴力を受けても、きっぱりと「戦争絶対反対」を叫び続け、叫び通しておくれ!
たとい卑怯者とさげすまれ、裏切り者とたたかれても「戦争絶対反対」の叫びを守っておくれ!・・・
愛で身を固め、愛で国を固め、愛で人類が手を握ってこそ、平和で美しい世界が生まれてくるのだよ。いとし子よ。敵も愛しなさい。愛し愛し愛しぬいて、こちらを憎むすきがないほど愛しなさい。愛すれば愛される。愛されたら、滅ぼされない。愛の世界に敵はない。敵がなければ戦争も起こらないのだよ。<以上、立石先生>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください