小名浜港でガントリークレーン供用開始・一時間に40個釣り上げ。兵庫県から名水の差し入れ

14日、大震災で壊れてしまった小名浜港大剣埠頭のガントークレーンが復旧し供用開始になりました。説明によれば一時間に今までの2倍の40個のコンテナーを船から荷降ろしできるとのこと。新しい人工島に膨大な税金をかけるより既存の施設整備が重要ではないでしょうか。

写真は、コンテナ


写真は、天を衝くようなガントリークレーン全景


写真は、ガントリーがコンテナーを釣り上げているところ

14日、兵庫県委員会の金田峰生さん(参議院予定候補)が、8時間をかけて名水の差し入れを持ってきてくれました。子育て中のみなさんの中には、水に気を使っている方もいますので早速届けたいと思います。

写真は、水の運び込み


写真は、水の前で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください