お礼とともに本当に支援の必要な方の支援をと県内自主避難者との懇談。蓄電池開発工場。特別委員会調査(2)


特別委員会調査2日目は、会津若松の県合同庁舎で「県内自主避難者連絡会」の酒井信裕さん他母子避難の方を中心に懇談をし要望をお聞きしました。県内自主避難者に妊婦・子どもを持つ方の家賃補助が出たことはお礼を申し上げたいが、支援が限定的であるなどいろいろなご意見要望をいただきました。
共産党県議団は差別なく支援をすることを強く求めています。
写真は、会のみなさんとの懇談

写真は、会のみなさんから要望を受ける
いわき市に移動して「産業復興企業立地補助金」を利用した企業・古河電地(株)いわき事業所を訪問しました。素晴らしいバッテリーの最新技術の説明を受けましたが、雇用は10年で10人の純増とのこと、雇用を増やしてもらうことは大変です。
a href=”http://miyakawa-emiko.sakura.ne.jp/wp/?attachment_id=7379″ rel=”attachment wp-att-7379″>
写真は、最新技術のバッテリーの説明パネルの前で

写真は、ウルトラバッテリーで、ピーク電源削減・災害時の非常用電源・再生可能エネルギーの不安定発電の平準化の説明を受ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください