「さまよい続ける」「支えられて未来に羽ばたく」・福島県立双葉高校創立90周年

DSCN9181

12日、福島原発事故で全町避難になっている県立双葉町の双葉高校90周年記念式典が、避難先のいわき市明星大学講堂で行われ参加しました。

町長も前町長も校長先生も2人の県議も卒業生です。

同窓会代表の方は「さまよい続けている・・100周年を迎えたい」とご挨拶をし、在校生代表の方は「仲間の多くが県内外に避難している、サテライト高を経て・・今多くの人に支えられて在校生64人(約1割・明星大学の敷地内で)元気に学んでいる」と挨拶。

みなさんの校歌を聞いていたら涙が出てきました。

写真は、式典案内

DSCN9176

写真は、校歌を歌う皆さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください