津波原子力災害地域にグループ補助金拡大・党大門参議院議員と懇談

010
18日、大門美紀史参議院と私といわき市議団で懇談の場を持ちました。主な内容は、津波原子力災害地に向けてのグループ補助金の拡大についての意見交換です。大門議員から新年度予算で被災に合われた方はもちろん、そうでない方も新たに被災地に参入した場合補助が受けられる(率は違うが)事や多様な形が認められることなどの説明がありました。また、資材の値上がりなど資金繰りに対する支援もあるという話もありました。懇談に先立ち大門議員を案内して津波被災地・久ノ浜地区を視察し、前日は予算委員会の理事のみなさんと懇談もしました。
写真は、いわき市議団と私と大門議員が懇談
006
007
写真は、懇談に先立って津波被災地久ノ浜を調査(2枚)
002
写真は、前日は、参議院予算委員会が第一原原発と除染現場調査したので、夜の意見交換会に参加しました(左から桜井南相馬市長・私・平野元復興大臣・福島みずほ社民党元党首)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください