県議会会派質問回数を制限・神山団長のフェイスブックより

◆ 6月県議会は18日に開会し、7/3に閉会します。
18日の議会運営委員会で、各会派の年間一般質問の回数を制限することを自民党主導で決定してしまいました。
この結果、共産党県議団は、年4回の定例県議会のうち3回に制限されるため、9月県議会は一般質問ができなくなりました!私が県議に当選して25年。これまで共産党県議団が、本会議質問で登壇しない定例議会は初めてです!

▼共産党福島県議団は、1999年に最初の5人の県議団、その後2人、3人の時も毎議会質問してきました。2011年~2023年は再び5人の交渉会派となり、毎議会代表質問と一般質問で登壇してきました。

しかし、昨年11月の県議選で、公明党と同数の4人の県議団となり、代表質問ができなくなりました(交渉会派制を見直すべきと議長には申入れをしています)。

一方、一般質問については、維新・無所属の会2人、ALLふくしま1人の新しく2会派が加わり6会派となったことから、最大会派の自民党主導で、自民党と県民連合(立憲・無所属)は年4回、共産党と公明党は年3回、維新・無所属が年2回、ALLふくしまが年1回とする案が水面下で示されていました。

▼議運で私は、今議会の6月県議会に自民党は1人多い質問希望者を出し11人となったが、希望者全員が質問できるようにすべきである。「県議会の会議規則」の先例では、1日5人程度とあるように、5人と限定していないと指摘。会期を拡充するか、すでに決定された会期内でも午後の本会議開催を午前中から開始するか、代表・一般の間の質問調整日をあてることも可能である。最低でも1人年1回以上発言できるようにすべき。県議会規則は委員間の合意があれば変えられると主張しましたが、どの会派も応じようとせず採決となり、共産党以外の賛成多数で自民党主導の配分案が決定しました。そして、自民党は1人取り下げると表明。
その上で、公明党は「会派間の調整を認めること」を提案。これまで自民党から分けてもらい毎議会質問していましたが、公然とできるようにするためです。これには今決定した年間配分回数の前提が崩れると県民連合も反対、共産党も反対しましたが、採決の結果5:7で決定されました。

日本共産党いわき市議候補・菅野宗長事務所開き

23日、9月1日告示~8日投票で行われるいわき市議選で、日本共産党から立候補予定の菅野宗長さん(現)の事務所開きがあり115人が参加し盛り上がりました。塩きょうこ(新)、四家ともゆき(新)、両予定候補の事務所開きはすでに行われており、3人そろいました。

 

DSC_4551

好間の水害で流された松坂橋の復旧に、菅野市議に尽力していただいたと、喜びと応援のあいさつ。

優しく頑張るお父さんにと娘さんが応援の花束。夫は納豆が大好きで粘り強いと連れ合いさんが。

左から、日本共産党いわき双葉地区委員会後援会長・広田弁護士、宮川、菅野候補、いわぶち友参院議員、熊谷智地区委員長・第4区衆院予定候補。

DSC_4547

2024.6.23 事務所開きあいさつ
今日の事務所開きに、雨の中、本当に
ありがとうございます。
皆さんに市議会に送りだしていただき、
もうすぐ4年になります。
4年前の公約は、学校給食費の無料化、
国保税の引き下げ、水害対策、公共交通
の拡充、原発汚染水の海洋放出反対が中
心でした。
この市民の願いを議会で取り上げて、市
民の皆さんと力を合わせて、実現をめざし
てきました。
しかし、この課題は、積み残されていま
す。引き続き、物価高でくらしが大変な市
民の強い願いになっています。引き続き、
この願い実現のために、何としてもご支援
をよろしくお願いいたします。
この中で、学校給食費の無料化は、私
自身が小学生時代に給食費が払えず、学
校を何日も休み、つらい思いをした経験が
あるので、これからの子どもたちにこういう
思いは、させたくないと自分の体験を交え
て、いわき市に無料化の実現を迫ってきま
した。
日本共産党としても、市長に対して、学
校給食費を無料にという署名に取り組み、
市民のみなさんと一緒に世論を作ってきま
した。
こういう中で、18歳以下の3人目以降の
小中学生の学校給食費の無料化を勝ち取
ることができました。完全無料化とはいきま
せんでしたが、議会で何回取り上げても、
お金がないから出来ないという0回答から、
大きな一歩を進めることができました。
これをさらに前に進めるために、郡山市
が「子育て支援として」完全無料化を実現
しているのに、いわき市はやらないのかと、
6月議会でも追及してきました。しかし、国
での無料化を検討中なので、国の動向を
見ていくと答弁、後ろ向きの答弁でした。
しかし、いわき市の財政調整基金、貯金
のことですが、災害とか新型コロナのような
緊急事態のために使うものです。この貯金
が、今年度の予算提案の時には、45億円
を目標にしたいといっていましたが、いま、
67億円あるんです。市民のくらしは、円安
も加わり、物価が高いまま推移していて大
変です。こういう時にいわき市の貯金は、
使うべきだと追及しました。しかし、市長は
使う気は全くありませんでした。
何としても、子どもにはつらい思いをさせ
たくない、子育て支援として、人口減少歯
止めに生かすためにも、学校給食費の無
料化を実現させていきたい、皆さんのご支
援よろしくお願いいたします。
また、いま大きな問題になっているのが、
路線バスの問題です。4月1日から運転手
不足と働き方改革・超過勤務に制限がか
かることによって大幅に、路線バスの廃止、
減便が済みました。これで、市民から買い
物や通院、通学などができない、大変だと
いう声が上がりました。この世論を受けて、
いわき市は、税金を投入して、5つの大所
の路線を復活させました。主要幹線路線
以外は、土日にバスがない、平日の日中
のバスが無いなど、依然として自動車を運
転しない人から、復活の要望が強くありま
す。中には、毎日のように新常磐交通に要
望を伝えている人もいます。本当に深刻な
んです。
私は、6月議会でバス路線が無くなった
所に、朝夕だけでも復活できないか? 平
日に路線バスが来なくなったところには、
通院できるように何本でも日中、復活でき
ないか?
また、バスの運転手が足りないなら、タク
シーの会社にワゴンタイプのジャンボタクシ
ーをバス代わりに運行できないのか?
バス路線が初めからない地域には、定
額タクシーの導入、これは今年初めに四倉
と久ノ浜で実証実験を2か月間だけ行いま
した。四倉久ノ浜地域内なら、買い物や通
院など、片道1000円でタクシーが予約制
で利用できるというもの。好評でした。

四倉久ノ浜の1000円定額タクシーに使
った予算は、50~60万円です。67億円も
あるいわき市の財政調整基金・貯金を活用
すれば、すぐにでも至るところで出来るは
ずです。
これも市民の世論を大きくすることと、議
会内でも、すぐに対策を打てという議員を
増やすことが必要です。そのために、頑張
っていきます。よろしくお願いします。

また、梅雨入りが関東まできたと発表さ
れています。いわきも間もなく梅雨入りです。
そこで心配なのが、水害です。とくに昨年
の線状降水帯時に、水害の被害にあった
人たちは、また水害にあったら大変だとい
う思いが強くあります。また床上浸水になっ
たら、もうここには住めないといっています。
福島県は、川に溜まった土砂をとりあえ
ず取りましたが、まだ不安はぬぐえず、さら
なる対策が求められています。根本的には、
二酸化炭素などの温室効果ガスの排出を
抑えていくことが必要ですが、私はすぐに
できる可能性がある田んぼダム、貯水池を
作るなどができないのかと迫っています。
当然予算もかかるので、水害対策としては、
国・県の支援が必要です。協力に要請す
る市、市議会を作る必要があります。その
ためには、つよい共産党市議団を作ることが大切です。
私は、土建会社に働いていたこともあり、
道路や側溝、河川、公園、などの土木関係
での要望も含めて、市に3百以上の要望を
届け、多くを実現してきました。困ったこと
があれば、相談ください。
このほかにも高い国保税の問題、生理
の貧困の問題、マイナ保険証や教育、商
売など様々な市民の願いがあります。それ
も含めて、願い実現のために、先頭に立っ
て頑張ります。
また、裏金問題が大問題になっている岸
田政権のいうことを何でも実行している内
田市政ですが、この内田市政にオール賛
成の市議会議員を何人出しても、市民のく
らしはよくなりません。
日本共産党の 3 人、ご当地では菅野宗
長を、どうかよろしくお願いいたします。周り
に広げてください。
本日は、ありがとうございました。

魚の彫刻展・小玉照夫展に

21日、近所の食事所で、魚の彫刻展・小玉照夫展にいきました。時間がなくてなかなか行けなかったのですが、議会の帰りにまっすぐに。

全国一の賞をもらったカツオ。えらの部分まで一枚の木から掘り出しています。カツオの肌まですごい!

DSC_4535

DSC_4536

DSC_4538

DSC_4537

DSC_4540

DSC_4540

車・踏み間違え防止装置取り付け補助支援を求める(内容は初質問)です・大橋議員25日(火)三時半~

19日の夕方民報テレビで、車・踏み間違え防止装置取り付け問題で報道していました。鏡石町で補助支援をしていることも報道していました。大橋議員が県議会で、25日(火)三時半~この問題も質問します。ぜひ傍聴もお願いします。

DSC_4537

DSC_4535

4人会派は、年間議会質問を3回に制限。全定例会で質問できない仕組み・民主主義を大きく後退させる。福島県議会議会運営委員会。公明党だけが自民党から分けてもらって全議会で質問することに。

18日開催された福島県議会議会運営委員会は、年間の議員の一般質問を45人と決め、4人会派は年3回になることを、多数決で決定しました。今議会の質問通告は11人で、自民党が一人降りる形にしましたが、9月議会では4人会派は一般質問ができなくなります。しかし、公明党は会派間の調整は認めるべきと発言しこれをみとめ、自民党から一人枠を分けてもらって調整します(公明党だけが4人会派でも全議会で質問ができます)。これには県民連合も異を唱えました。

共産党・神山議員は、質問希望者が全員質問できるような日程調整をするのが民主的運営の原則と主張しましたが、他会派は賛成しませんでした。民主主義をないがしろにする恥ずかしい福島県議会です。以下は、このことを決めた議会運営委員会の議事録。