東電のひどい体制・本気でない国の体制、原発労働者の危険手当と健康管理、総括質問

DSC_1845
19日、日本共産党を代表して総括質問を行いました。原発の汚染水対策などが大変な事態になっていますが、東電のひどい体制の改善と国の責任ある体制を県が求めるよう強く要求しました。
DSC_1812
原発労働者の危険手当が必ず手元に届くように、また健康管理の強化も求めました。賠償と線引きをリンクさせず実態に合った賠償を求めること、地産地消の再生可能エネルギーの促進を求めました。
DSC_1821
オール福島の願いの発信は、県内外に広がっている、自民と安倍政権の「原発推進のエネルギー基本計画」に県民の怒っている、再稼働の中止を県としても求めよと質問しましたが、国が決めることという情けない答弁でした。
DSC_1878
写真は、日本共産党を代表して総括質問
002
写真は、ひどい体制が改善されない東電と国の体制のパネル
003
写真は、福島県に隣接している原発の距離
DSC_1857

2 thoughts on “東電のひどい体制・本気でない国の体制、原発労働者の危険手当と健康管理、総括質問

  1. この間の宮川さんの記事を一部省略して、転載させて戴きました。

  2. 矢吹様へ
    コメントありがとうございます。
    福島からの発信を大きく広げたいと思います
    どんどん転載してください

    宮川えみ子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください