福島第一原発労働者向け給食センター来年度オープン

040
24日、東京電力から「福島第一原発労働者向け給食センター」の説明を受けました。福島原発で働いている労働者向けに朝・昼・晩と3000食の給食を提供するもので、来年末に完成予定です。
041
場所は大熊町大川原南平地区で富岡町との境付近・常磐高速道路富岡インターからすぐのところです。第一原発入口に作られる休息所にバランスの良い温かい給食が届けられるようになります。
この付近は0、44μシーベルトで(H26年1月5日計測)です。
料金はまだ決まってないといいますが、私は今議会の総括質問でできるだけ安価な料金で提供できるよう求めました。
日本共産党は労働者の待遇改善・健康管理・危険手当を必ず手元に届くようになど議会内外で求めて運動も広げています。
写真は、原発労働者向け給食センター計画図
042
写真は、同位置図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください