「平和を考える夏・プルサーマル実施やめよ!の街宣」・お墓参り

  暑い夏は平和を考える夏です。広島に原爆が投下されたのが8月6日、長崎に原爆が投下されたのが8月9日、終戦が8月15日です。今年は65年目です。テレビなどで戦争体験者の証言が放映されていました。なぜ戦争が起こされるのか?考えられないようなことが起こされてきたのが歴史です。 日本共産党は、今年、創立88周年(7月15日)です。戦争に反対したただひとつの政党です。だから共産党に入って、末永く平和な日本を求め続けています、と、街宣しました。

佐藤雄平知事が認めた、原発プルサーマル問題も怒りをこめて街宣しました。

お墓参りにも行きました。せみの抜け殻がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください