いわき~石川線の早期開通を・上部に崩落の危険性が。トンネル化の要望も。

県道路要望  2014年5月19日

19日、内陸と浜を結ぶ重要道路・いわき~石川線が田人地区で土砂の崩落で通行止めになっています。地元の方といわき建設事務所に、いわき~石川線の開通が9月末に暫定供用と説明を受けているが、少しでも早く開通できないか・お盆の時だけの通行はどうか・9月末までになるという理由はなぜかなど、詳しい説明をお願いする事と早期開通の要望に行きました。

県説明ではいわき建設事務所馬場靖道路課長は、5月2日にも直径60センチ重さ200キロの岩が落ちた、上部に不安定な土砂があり通行人の安全と施工業者の安全を考えるとこの期間は見る必要がある、雨や余震の状況もあるが最大期限を守るように努力したいとの答えでした。この道路区間は土質が悪く崩落が続くのでこの区間のトンネル化、または川側に迂回する対応など要望しました。

 

写真は、県いわき建設事務所に要望

019

写真は、県からの説明書

018

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください