「俺世話になった」と浪江の方が運転手・6月1日投票・二本松市議選応援

051

28日、福島市から直接6月1日投票の二本松市議選の応援に行きました。6月議会に向けて知事申し入れ(29日)を作ったり代表質問の準備をしたりしながらまっすぐ二本松に。「共産党には何ぼ世話になったかわかんねぇ」と二本松にある浪江の仮設住宅にいる方が宣伝カーの運転をしてくれました。奥さんと息子さんは千葉に避難していて今一人で仮設住宅に居ると言います。福島県は原発避難者が最新情報で12万9505人(内県外は4万5854人・避難先不明者は50人)です。

二本松は放射能汚染が厳しいところで、あちこち黒い袋やブルーシートがかぶせられている除染土などが置かれていました。市議団や母親たちが署名を4700人も集め屋内プールもできることになったと頑張っていました。みなさんの大きなご支援をお願いします。

057

写真は、街頭から、斉藤ひろじ・菅野あきら・平としこの各候補の政策を訴える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください