党創立88周年・永年党員の顕彰の集い・百日紅の花

  8月21日、共産党に入って30年目・50年目の方たちの顕彰の集いがありました。共産党に対しての誤解と偏見も多かった時代、ソ連や中国などの外国の無法な干渉と闘い、名実ともに国民が主人公の政治実現目指すことは大変なことだったと思います。「皆さま方の並々ならぬご活動があって、今日、県議をさせていただいております。心からの敬意と御礼を申し上げます」と、ご挨拶をしました。

写真は、顕彰の集いで挨拶する長谷部さんと私。

写真は、ずーっと咲き続けている百日紅(さるすべり)。房になっているような花は、ごらんのように小さな花の集合体です。幹はつるつるしていて、本当に猿が滑りそうです。百日も咲いていそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください