原発事故を受けた福島県の知事として、原発推進の「国のエネルギー基本計画」に反対すべき・ブラックバイトの調査を・代表質問.他党の議員さんに褒められる

SONY DSC
19日、福島県議会6月定例会のトップバッターとして、日本共産党県議団を代表して質問をしました。発原事故を受けた福島県の知事として、原発推進の「国のエネルギー基本計画」に反対すべきと質問しました。知事は、今も13万人に近い人が避難を余儀なくされている、原発は現在もトラブルが頻発しており事故収束には程遠い、原発に依存しない社会の実現に向け県内原発の全基廃炉決定を国に求めていく、再生エネルギーの飛躍的推進に向け全力で取り組むと答えました。国の基本計画には直接言及しませんでした。
SONY DSC
写真は、日本共産党を代表しての質問
若者を(大学生を)使い捨てにするいわゆる「ブラックバイト」の実態を示しながら、労働環境の実態調査をし公表すべきと質問しました。大学生のバイトは、非正規雇用の拡大・非正規雇用の基幹化の弊害と、親からの仕送りが減って巨額の借金になる奨学金にも頼れない事情が背景にあることを示しました。
SONY DSC
写真は、再々質問まで。あるマスコミの方が「よくこれだけ調べましたね」と感心してくれました。すぐには良い答弁がなくても道理がある質問はボディーブローのようにあとで利くと思います。

※他党派の議員に褒められ?ました。以下その方のブログ

共産党議員さん(宮川)の質問で、企画調整部長が「政府に対して、県内原発全機廃炉を求めて参ります」と答弁すべき所を間違えて「政府に対して全ての原発廃炉を求めて参ります」と言ってしまい、訂正しましたがその時、共産党の議員さんが「それは訂正しなくてもいいのに〜」と合いの手をいれたので議場がちょっとホンワカした笑いが起きました。これはともかく、なかなか野次や合いの手はタイミング、パンチライン、インパクトを兼ね備えないといけないので頭の回転が早くないと出来ないでしょうね。

原発事故を受けた福島県の知事として、原発推進の「国のエネルギー基本計画」に反対すべき・ブラックバイトの調査を・代表質問.他党の議員さんに褒められる” への2件のコメント

  1.  いつもブログを読みながら、たくさんのことを学ばせて頂いています。5月10日の産総研(再生可能エネルギー研究所)訪問の記事を読みながら、こういう研究がどんどん進んで実用化されればどんなにいいかと思いました。脱原発の社会に向かって何かしなければと思っている人も多いと思います。とくに若い人たちや大学生にたくさん見学してほしいと思いました。(私も機会があれば見学したいです)先日、「大学生がえがく脱原発の未来マニュアル」(フェリス女学院大学エコキャンパス研究会・東京新聞発行)を読みました。大学生が一生懸命考え、研究している様子がよくわかりました。県議会で、国の「エネルギー基本計画」に反対すべきと迫られている姿に頭が下がりました。脱原発の問題も働き方の問題もこれからの社会を生きていく若者や子どもたちを大事にするという視点をいつも念頭において考えていきたいと思いました。日々のご活躍、お疲れ様です。ありがとうございます。

  2. 塚田様へ
    コメントありがとうございます。
    福島原発被害は世界最大だと思います。実態を知らせる責任が大いにあると思って活動しています。
    議会トップバッターで代表質問ができるのも、5議席を取れた結果です。来年の県議選では大いに頑張ります。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    宮川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です