「津波被害データーの開示を東電に求めて」と・国と東電の責任で福島県民の生業と地域の再生を・福島原発訴訟団の皆さんが県に要請

DSCF4422
写真は、議長に要望
30日、「生業を返せ、地域を返せ」福島原発訴訟原告団が、議会の各会派と議長、執行部に現状報告と懇談・要請を行いました。共産党県議団は、執行部との懇談に参加し、訴訟団のみなさんを励ましながら、全県民の願いである、生業の再建・地域の再生を求めることが前面になる裁判を支援していくことを確認しました。訴訟団は、東電が事故前に試算した津波被害のデータの開示を県として東電に求めることなどの4項目を要請しました。。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
写真は、県執行部と懇談、要請も
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
写真は、各会派訪問。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください