「おれ90歳、終戦の時20歳、国のため死ぬことだと思ってた、教育は恐ろしい」。集団的自衛権は何とかしないとと。200mクロールでハアハア。

004

12日、常磐で議会報告と懇談会でした。今日県議会報告が一般新聞に折り込まれました。県議会自民党がただ一人、集団的自衛権推進の立場で意見書を強行した、県政に重大な汚点を残した、と報告しました。「個人的には反対なんだが・・」という議員も多かったのですが、結局自民党ということで推進の起立をしたこと、個人を見ないで党を見ることが大事と話しました。伊藤浩之市議も報告をしました。

常磐後援会会長の渡辺藤一さんが「おれ90歳、終戦の時20歳、国のため死ぬことだと思ってた、教育は恐ろしい」と述べました。

写真は、常磐懇談会・渡辺藤一さん

006

写真は、私は議会報告と共産党への入党をおすすめ

011

写真は、質問いろいろ

015

写真は、合間を縫って、りょうご君と常磐・ゆったり館のプールに行きました。私の顔を見て65歳以上は子ども料金といいましたがうれしいやら・・複雑な心境です。クロールで200メートル泳いだらハアハアでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください