「避難指示解除後の生活ができない」「帰還困難区域の農地保全を」賠償・避難者支援・原発事故収束・除染について政府交渉

photo1

22日、日本共産党福島県議団と地方議員団・県委員会は、賠償・避難者支援・原発事故収束・除染について政府交渉を行いました。「避難指示解除後の賠償が打ち切られ生活ができない」などの問題に対し、浪江町がADRに申し立てたことについて国が支援をし生活が成り立つように考える事などの高橋衆議院のアドバイスや、「農地に柳などの灌木が生え故郷が消滅しかかかっている、帰還困難区域の農地保全を」など切実な要望を求め、国は実態の把握を行う事などや原発再稼働推進の陰で国の事故収束に対する姿が見えないなど、エネルギー基本計画に反対し国の責任を果たすように求めました。

写真は、政府交渉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください