国も東電もまったく無責任・福島原発汚染水対策「失敗」見通しのなさ

003

 

東電は19日、福島第一原発2号機海側で電源ケーブルなどが通る地下道(トレンチ)の凍結工事が難航している問題で、これまでの手法では流れを止められないこと、手法を変えざるを得ないことを発表しました。しかし見通しは全く立たず疑念の声が上がっています。国も前面に立って汚染水問題に対応するとしていましたが国の全面的責任が問われます。さる18日、日本共産党・長谷部あつし県議が国・規制委員会を呼んでの全員協議会で国の責任を問いましたが、この時も東電任せの対応がありありでした。「再稼働に走る国のいい加減さが出た」「凍土壁も含めいったい今後どうなるのか?」と心配の声が上がっています。

写真は、汚染水対策の失敗を報じる各新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください