避難後の自殺に賠償命令・東電を断罪

DSCN3234

 

8月26日、福島県川俣町山木屋の渡辺はま子さんが自殺したのは東京電力が引き起こした原発事故によるものとする判決が福島地裁で出されました。東京電力を断罪したと報道されました。生まれ育ったその土地を放射能で汚されて帰えることができなくなった・・その無念はいかばかりだったでしょう、だれも何の責任を取らない無責任が原発再稼働を進めるのです。

写真は、避難後の自殺に賠償命令・東電を断罪したことを報じるニース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください