外国の軍隊参加・欠陥オスプレイ参加やめよを自衛隊に要請を・「みちのくアラート2014」についての申し入れ

DSCF4650
24日、福島県労連や平和委員会などが県に対し、外国の軍隊参加・欠陥オスプレイ参加やめよと自衛隊に要請をするよう申し入れました。共産党県議団も同席しました。これは11月6日~9日にかけて自衛隊が東北で行う災害訓練「みちのくアラート2014」に関する事についてです。
福島県では2005年2月18日に授業中の相馬市中村1中グランドに自衛隊のヘリが間違って着陸、市が連絡をしたにも関わらず離着陸を3時間半にわたって繰り返した事件がありました。安倍政権が集団的自衛権を推進しようとしている中、自治体を巻き込む体制を進めようとしている時にチェックは重要です。
写真は、県へ申し入れ
042
写真は、学習会の案内・9月30日(火)午後6時半~・福島市アオウゼ4F大会議室・入場無料・講師(東森英男・安保廃棄中央実行委員会事務局長)・どなたも自由に参加できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください