ご近所の高蔵寺の初観音

17日、今日は阪神淡路大震災から20年の年です。ラジオやテレビの特集を見たり聞いたりしながら思い出しています。20年前のその日は日本共産党いわき市議団としてちょうど神戸に視察に行く日でした。ちょっとの差で巻き込まれていたかもしれません。神戸に震災の1か月後にボランテアにも行きました。水は路上の送水管から噴水のように吹き上がっている、ガスもなしかろうじて残ったビルの一角で寝袋で寝ました。焼け野原に「〇〇へ無事だ連絡はここ」の看板が何本も立っていました。

阪神大震災は生々しい痛々しい・津波は皆んないない・原発事故は先が見えない果てしない、一言では言えない複合的なものですがこんな気がします。

17日の今日は、ご近所にある高蔵寺の初観音の日でした。夫と流果ちゃんと3人でお参りに行きました。それこそいろいろな思いを込めて。 019 写真は、三重塔 026 写真は、甘酒の振る舞い 016 写真は、神谷リエ・私のルーツおばあちゃんの名前も・お堂建立時の寄付でしょうか 034 写真は、縁日の露店・流果ちゃん(中二)もじいちゃんより大きく見える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください