子どもが本に親しみ・先生の調べ授業を助け・ボランテアと学校をつなぐ、いわき市の学校図書館専任司書

040

28日、小中学校の専任図書館司書の配置を進めているいわき市教育委員会に、内容と効果についてお聞きしました。子どもが本に親しみ・先生の調べ授業を助け・ボランテアと学校をつなぐ、など2013年度から始まりましたがその効果は抜群です。

2013年度は4人でスタート、2014年度は23人で来年度も増員を計画しているとのこと。2~3校掛け持ち・日々雇用・資格を持った人が1割くらいで課題も多いようですが専任司書の配置は素晴らしいです。図書のコンピューター管理もできるようになって子どもや先生の要望にもすぐ応えられるようになったとのことです。年19回の司書の研修を開き情報交換や悩み解消も進んでいるとのこと。

予算が100万円・一人くらいなので課題もあるといいますがそれだけに県も支援が重要で、全県的に進めていこことが大事と思いました。

写真は、いわき市教育委員会にお聞きしました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください