格差社会・貧困は誰にでも

医療相談が相次いでいます。

 先日の方の相談は59歳の親が、この2~3年入退院を繰り返し医療費が払えなくなったと言います。蓄えもなくなり、親戚からの援助もこれ以上は無理と言われ、本人も住宅ローンがありどうしようもなくなったと言います。

  給料はこのところ同じ仕事でも下がっている、ボーナスもほとんどないと言います。給料が上がる、ボーナスが出ると言うことが前提で住宅ローンがくまれることが多い中、誰かが病気になったりするとたちまち生活ができなくなるのが今の社会です。

 入院が長いこともあり、その他の条件もクリアーして何とか医療保護を該当してもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください