「福島県から日本共産党の国会議員が何としても必要」来春の参議選・今秋の県議選・各選挙勝利めざし後援会決起集会。バトミントンを楽しく

021

29日、福島県日本共産党後援会決起集会がありました。来春の参議院選挙の岩淵とも勝利、今秋の県議・各種選挙勝利をめざしての決起集会です。4年前の大震災原発事故で福島県の選挙は伸びました。県議選は10月末(?)のようです。市町村議選・県議選とばらばらに今後戦われます。

写真は、決意を述べる

025

写真は、左端は岩淵とも参議院比例候補。岩淵候補は原発の被害を受けた福島県から必ず共産党の国会議員を出さなければ県民の声は届かない、全国に避難している福島県民がいる何としても国会にと訴えました。

002

隔週に体育館を使ってバトミントン・卓球をやってます。子どもから若い人から元若い人から楽しく体を鍛えストレス発散させてます。

写真は、準備運動

007

写真は、こんな場面も

010

写真は、大人も子どもも入り混じって

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください