福島県6月定例会向け共産党の政調会。「自主」避難者住宅提供終了しない事・被害に見合った対応申し入れ

DSC_0163
22日、6月16日開会予定の福島県議会6月定例会に向け執行部の説明を聞く共産党の政調会が開かれました。国が復興予算を削減する方向や賠償打ち切りの方向、帰還押しつけなどが目立つ中、県の役割が非常に重要になってきています。いまだに11万人を超える避難者や進まない原発収束、実害風評被害など問題は山積ですが、県は福島県民の実態に見合った対応を国に対し求めるべきことが重要なことなどを中心にし意見交換しました。
補正予算額は60億円程度とのこと。
DSC_0133
写真は、政調会
DSC_0184
政調会終了後、「自主」避難者への住宅提供を終了せず、継続する被害に見合った対応をするよう求める緊急申し入れを行いました。
 写真は、申し入れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください