原発における下請け労働者の社会保険未加入問題についての実態の把握とその解決についての申しいれ

9日、いわき市原発の安全性を求める会は、東電の取締役・清水正孝社長、第一原発・小森昭生所長、第二原発・石崎芳行所長に対し、「原子力発電所における下請け労働者の社会保険未加入問題についての実態把握とその解決についての申し入れ」を行いました。

代表の長谷部あつしさんと事務局長の渡辺博之さんは、生活相談に見えた人の話をよく聞くと、フルタイムで原発で働いていたが失業保険に加入していない実態があった、複数の同様の人もそうだった。

職安所長の話でも、責任(道義的も含めて)があるのではと言っていた事などを話、実態調査とその解決を求めました。

大熊町の第一原発で対応した第一原発の広報部地域統括部長・猪狩敬一さんは、調査は元請経由にならざるを得ないが、真摯に受け取って調査しますと答えました。

写真は、申し入れ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください