矢継ぎ早にエネ検・原発プルサーマル問題山場

10日、県の第39回エネルギー政策検討会がありました。

1日に続いての会議で、16日から始まる県議会に知事が何らかの意思表示をするための準備と見るべきと思います。

前回はあまりにも結論ありき?の様相で、相次いでの市民団体の動きがあっての影響もあるかと思いますが、発言は慎重なものもありました。県民の声を聞く機会なしの方向付けは大問題です。

写真は、エネ検会場。記者の知事への取材。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください