農民連・新婦人・福島保険医協会のみなさんが、国や県への要望や請願に見える。

 新婦人のみなさんが6月議会に提出した継続請願「子どもの医療費無料化年齢引き上げ、細菌性髄膜炎予防ワクチン接種の県独自助成、子宮頚がんワクチン接種に県独自の助成」の問題で再要望に。

 農民連のみなさんが「米価暴落対策、免税軽油制度継続、EPA・FTA推進路線の見直し」の請願に見える。

 福島県保険医協会が「患者の窓口負担大幅軽減を、肺炎球菌ワクチンへの公費助成」で請願に見える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください