9月台風・大雨災害に関して要望・日本共産党県議団。代表質問続行

DSC_0980-1

15日、県議団は内堀知事に「9月台風・大雨災害に関して要望」を行いました。特に被害の大きかった会津と県北の道路や農業被害、特別養護老人ホームの被害対策支援、東電の駄々漏れ状態になっている汚染排水「K排水路対策」、飯館村内で発生したフレコンバック(汚染土壌の入っている)破損流出対策と他の避難自治体での管理などでした。

写真は、鈴木正晃副知事に申し入れをし懇談をする共産党県議団

DSC_0984-1

対応した鈴木正晃副知事は、道路は応急対策をやった、農業被害は全容把握中で再生産ができる支援をしたい、原発K排水対策は前倒しも含めて管理のあり方の徹底を求めている、フレコンバック問題もわかりましたと答えました。

今日の代表質問は、民主党と未来ネットでしたが、戦争法について何も言いませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください