同じような県民の請願に賛成反対は好き嫌い?総務常任委員会

21日、今日と明日は各常任委員会で私は総務常任委員会です。私立の幼・小・中・高・専門の学校運営や生徒支援について、県民からの請願が何件か議会に提出されました。しかし、同じような内容なのに理由もなく賛成や反対(保留)の態度になるのにはいつも驚くばかりです。共産党は内容を良く見て何党が紹介議員になろうとも良いものはもちろん賛成です。請願と国に対する意見書は24日の常任委員会で決まります。
009
写真は、総務常任委員会

原発事故収束問題では、危機管理部に詳しく聞きました。乾式キャスクの強度不足、海側遮水壁傾き、原発構内の無ナンバー車の検査体制、不適切ケーブル敷設問題などです。ちなみに他の議員の皆さんは、3時間ほどの会議の中でほとんど発言をされないのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください