「国は森林除染を」・「東電はADR和解案を全部受諾せよ」と浪江馬場町議。質問打ち合わせで喧々諤々。

2日、3日と県議団会議で、2月16日から始まる予算議会の打ち合わせを喧々諤々と行っています。そこに原発事故で全町避難を強いられた浪江町の馬場町議(共産党町議)が国会と東電交渉に行った報告によってくれました。国に対し「東電はADR和解案を全部受諾するよう指導を」と求めた、国はまったくその通り、指導するということでした。しかし東電は町ぐるみの賠償に対し、和解案すらやらない、同じ答弁を繰り返し無責任さをさらしたようです。

「森林除染を国がやらない」としたことについても、強く求めてきたとの事でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

DSCN2275

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください