「戦争法廃止意見書」・民主・共産・社民・ネット(自民・公明以外)がまとまる。福島県議会閉会

22日、2ヶ月近く続いた福島県議会の2月定例議会が閉会しました。最終日に宮本議員が討論に登壇しました。

SONY DSC

SONY DSC

「戦争法廃止意見書」が民主・共産・社民・ネットがまとまりましたが、自民・公明が半数以上の議席なので国への提出にはなりませんでした。

SONY DSC

SONY DSC

宮本議員は、新年度予算に対して、知事は①福島原発事故から5年・全国の原発廃止の立場にない②被災県民支援を打ち切る立場容認③被災者置き去り石炭火発推進のイノベーション構想④暮らしと生業守る立場が中心に位置づけられていず子育て支援暮らし支援にが問題・TPPも撤退を求めていない⑤安保法制に反対していない⑥職員不足・職員(給与引き下げ含む)評価導入、などの理由で反対討論を行いました。

SONY DSC

SONY DSC

議会終了後、議長と知事、教育庁などが共産党の控え室にご挨拶に見える。議会が終われば、また、意見をぶつけ合いながら前進させなくてはなりません絵。
SONY DSC

SONY DSC

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください