6月定例県議会向け政調会・大木弁護士歓迎会

27日、6月21日開会(予定)の6月定例福島県議会に向けて県執行部の考えを聞く、日本共産党県議団主催の政調会が開かれました。福島県は大震災原発事故で長期にわたり重大な困難を抱えていますが、県はこの一年間で原則帰還困難区域(放射能が高いため長期に帰れない地域)以外は、避難を解除する方向ですが、長期の避難のため様々な問題が山積しています。帰りたい人も・帰れない人も・迷っている人も、その立場に立って支援を行うべきです。意見を交換しながら県の考えを聞きました。

SONY DSC

SONY DSC

夜は原発賠償問題など、県民や働く人の立場に立って頑張っている県議団もお世話になっている、広田法律事務所に新人弁護士を迎えたので歓迎会が開かれました。名前は大木裕生弁護士です。趣味はダイビング(沖縄で鍛えたそうで)特技は楽器演奏だそうです。

DSCN3804

挨拶をする大木弁護士

DSCN3809

テーブルの皆さんと・前列真ん中が大木弁護士。後ろ右から渡辺博之市議・吉田英策県議・私・高橋明子市議。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください